気合伝授

仲間モンスターから仲間モンスターへ気合を受け継いで、経験値を得ることができます。
気合伝授は、まれに「だいせいこう」になる時があります。
「だいせいこう」になると、能力値が上がったり、とくぎを覚えたりします。

1. 仲間モンスター 手持ちのモンスターの一覧です。
詳しくはコチラ
2. 気合伝授の実行 気合伝授を行う仲間モンスターを置き、実行します。
詳しくはコチラ
3. 気合伝授メニュー 気合伝授で行える各種メニューです。
詳しくはコチラ
4. あずかり郵便 仲間モンスターを預けることができます。
「あずかり郵便」についてはコチラ
5. 郵便受け 郵便受けからモンスターを受け取ることができます。
※あらかじめ「モンスター」がしぼりこまれていますが、モンスター以外も受け取れます。
「郵便受け」についてはコチラ

1. 仲間モンスター

手持ちの仲間モンスターが一覧で表示されます。
気合伝授を行う仲間モンスターを選びましょう。

「ならびかえ」ボタンから、仲間モンスターの並び順を変えることができます。
左右の矢印ボタンをクリックすると、リストのスクロールができます。

2. 気合伝授の実行

気合伝授する仲間を選ぶ

仲間モンスターの一覧から、経験値を増やしたい仲間モンスターを選びます。
気合をもらう仲間モンスターは左側に、気合をあげる仲間モンスターは右側に置きます。
チカラつきている仲間モンスターを置くことはできません。

気合伝授を実行する

1. あげる経験値 気合伝授で得られる経験値が表示されます。
気合をあげる仲間モンスターのレベルが高いほど、あげる経験値も多くなります。

気合をあげる側ともらう側が同じモンスターの場合、同種ボーナスが入ります。
同種ボーナスでは、入る経験値が10%多くなります。
2. メタルボーナス メタル系のモンスターを気合伝授する時は、あげる経験値にボーナスが加わります。
詳しくはコチラ
3. EXP 気合伝授した後の経験値が表示されます。
4. 覚えるかもしれないチカラ 気合伝授をする時、まれに得られる能力値ととくぎです。
詳しくはコチラ
5. おうぎの書をつかう アイテム「おうぎの書」か「超おうぎの書」を持っていた場合、使うことができます。
詳しくはコチラ
6. モンスターついか 気合をあげるモンスターを増やすことができます。
詳しくはコチラ
7. 伝授する 気合伝授を実行します。
詳しくはコチラ

2. メタルボーナス

メタル系モンスターを気合伝授すると、下記の経験値ボーナスが入ります。
 メタルスライム 経験値+10,000
 ミニメタルスライム 経験値+10,000
 メタルブラザーズ 経験値+50,000
 ゴールデントーテム 経験値+50,000
 はぐれメタル 経験値+100,000
 メタルキング 経験値+250,000

4. 覚えるかもしれないチカラ

気合伝授で経験値の他に、とくぎを覚えたり、能力値が上がったりすることがあります。
「覚えるかもしれないチカラ」は、気合をあげる仲間モンスターによって異なります。
また、1回の気合伝授で覚えられるチカラは、いずれか1つです。
チカラを覚えられると、気合伝授の「だいせいこう」です。

5. おうぎの書をつかう

アイテム「おうぎの書」を使って気合伝授をすると、「覚えるかもしれないチカラ」のどれか1つをかならず覚えられます。
覚えたいチカラがある時に活用しましょう。

超おうぎの書
「超おうぎの書」を使うと、「覚えるかもしれないチカラ」から1つを選んで覚えることができます。

6. モンスターついか

気合をあげるモンスターを増やし、あげる経験値を増やすことができます。
モンスターは、最大3体まで増やせます。
同種ボーナスも、最大30%まで増えます。

気合をあげるモンスターを増やすと、覚えるかもしれないチカラを伝授する確率も上がります。
増やしたモンスターのランクが高いほど、上がる確率は多くなります。
※「おうぎの書」「超おうぎの書」を使う時は、モンスターついかで上がった確率は使われません。

7. 伝授する

気合伝授を実行すると、気合をあげた仲間モンスターはいなくなります。
気合伝授の実行後、気合をもらった仲間モンスターのステータスが表示されます。
ステータスに変化があった場合、変化した後の数値が表示されます。

3. 気合伝授メニュー

気合伝授で行える各種メニューです。

1. つよさみる 仲間モンスター1体を選び、ステータスの確認が行なえます。
2. いどう 選択するとサブメニューが開き、他の画面に移動することができます。
3. 外にでる 気合伝授を終了して、エリアマップ画面に移動します。
「エリアマップ」については、コチラ

DragonQuest MosterParade